理科研

セミナーイベント2018.09.14

不純物分析の最新事例をまとめて学べるセミナー in 富山

第3回 並木セミナー『さまざまな分野で必要な不純物試験』

「今のやり方で大丈夫なの?」 「他の会社ではどんなことやっているの?」
そんな疑問に答えるセミナーを、この度、ここ富山で開催することになりました。
世界的な規制が国内規制に影響する昨今、ますます厳格な試験が不純物には求められております。サーモフィッシャーがお届けする不純物分析の最新事例をお見逃しなく!!本セミナーでは、各種不純物分析を4つのパートに分けご紹介致します。

1. GC-MSを用いた残留物および溶出物の最新分析事例のご紹介
医薬品残留溶媒試験やExtractable & Leachableなど、最近は製品中の残留物や溶出物分析が話題となっています。
サーモフィッシャーGC/MSを用いて行った残留溶媒試験や樹脂材料からの溶出物試験の事例をご紹介致します。

2. 不揮発性主成分の不純物解析と遺伝毒性不純物の分析について
不揮発性化合物およびその不純物の分析としてLC/MSの活用事例を紹介するとともに、ICH M7で対応が必要となる遺伝毒性不純物についてご説明し、その分析事例についてもご紹介致します。

3. 類縁物質管理を強化するLC検出技術のご紹介
類縁物質の管理にはUV検出器が広く用いられています。しかしUV吸収のない化合物や感度不足等で、不純物を見逃す恐れがあります。UVを補完するための最新事例とそのワークフローをご紹介致します。

4. 微量元素分析のニーズに応える元素分析装置のご紹介
昨今、環境、化成品、食品、製薬などあらゆる分野で不純物金属の定量性の向上、とりわけ低濃度化が進んでおります。
極微量元素分析分野の実情と対応する機器についてご紹介致します。

*ご使用の装置メーカーに関わらずご参加いただける内容です

セミナー後には、皆様の問題点や疑問点について個別に対応させていただく相談会も予定しております。(事前申込)この機会に是非ご参加ください。

日程 :2018年10月17日(水) 13:30~17:30 (受付開始 13:00)
会場 :並木薬品株式会社セミナー室
参加費:無料
持ち物:お名刺2枚
定員 :30名 *残席が残り僅かですので、お早めにお申し込みください。

●セミナー詳細はこちらからご覧ください。

●お問い合わせ先:ご興味のある方は下記ホームページより「HPLCセミナーの件」と記載・必要事項をご記入の上お問い合わせください。
http://www.namikiyakuhin.co.jp/contact/