理科研

刊行物

The Rikaken Times

vol.074

vol.074

理化学研究所 GeNAS NGS受託解析サービス
“FANTOM5”の論文が出版されました。
 ・約1,000 種類のサンプル(初代培養細胞やヒト手術組織、細胞株)を
  CAGE 法を用いて解析
 ・プロモーター約185,000 個、エンハンサー約44,000 個を各種細胞で測定
 ・正常細胞の定義に活用可能なプロモーター、エンハンサー情報のリソースを作成
 ・iPS 細胞、繊維芽細胞などの細胞から目的の細胞を作るための基盤に
<受託サービス CAGE 法>
理研独自技術による、次世代シーケンサー技術を使った高速遺伝子発現解析
・転写開始点解析 ・遺伝子発現プロファイリング ・遺伝子構造解析(mRNA 5’ 端)
・プロモーター部位予測・転写因子結合モチーフ解析 ・エンハンサー解析


お問い合わせは弊社営業担当者、もしくはお問い合わせフォームより